こごみ散歩2

日々の散歩での自然観察など

カテゴリ: 自然観察会

今年最後の観察会、
天気も良く暖かい散策日和となった。


12141012_senti
ポカポカ陽気にセンチコガネも這い出して来たか。



12141020_kurosuji
クロスジフユエダシャクもあちこちで飛んでいたが、
交尾態は発見できなかった。



12141033_sumire
ぽつんと一輪、スミレが咲いていた。



12141055_kuwaeda
虫探し名人Mkさんがいないと発見できない
クワエダシャク。



12141103_akabosi
小さなエノキで越冬中のアカボシゴマダラ幼虫も
見つけてもらった。



12141151_smile
葉痕にお茶目な落書きをしちゃったのは誰?



12141213_karigane
ホウジャクがよく吸蜜に来る、カリガネソウの種。
意外にカワイイ形をしている。



12141219_uragin
皆でうつむき加減で虫探しをしていたところ、
樹上にウラギンシジミを発見した鎌倉のNさんに
さすがベテラン!の声。



12141235_kokama
コカマキリが元気に威嚇してきた。


恒例の手摺観察、数は少なかったが
数ミリの小さいコたちが活躍していた。
12141252_zou
出会ったゾウムシはこのコだけだった。



12141254_sahoko
初めてこの公園を訪れたときに花虫さんから教わった
サホコカゲロウ、これも毎年見ないといけません。



12141258_who?
この日のハイライトはこのコかな。
形状、動作とも大変興味深いコだった。
名前は不明、トビコバチ系か?



12141304_tamagobati
こちらのコは
シロオビタマゴバチとMtさんから教わった。



12141333_murasi
日当たりの良い椿にムラサキシジミが多く飛んでいて
メンバー皆での撮影大会となった。



12141334_scine
近隣の公園でも台風被害などで遊歩道の通行止めや改修工事中が多い。
来年の昆虫や鳥たちにどう影響してくるのか、いささか心配ではある。



今年の観察会はメンバーの方のケガや
天候不順での中止も多かったが
楽しく参加させていただいた。
メンバーの皆さま、来年もよろしくお願いいたします。


前回中止となり、待ちに待った観察会。
気持ちの良い秋晴れとなった。

11160927_iigiri
水車横の イイギリ も台風被害の中、
健気に赤い実をつけた。


11161021_muratu
恒例、広場の ヤマグワ に ムラサキツバメ の越冬集団。
毎年これを見なければ年を越せない。



11161028_genno
クルリンパ の ゲンノショウコ は気分を明るくしてくれる。



11161051_himeyama
Nさんの歓声とともに発見された ヒメヤママユ♀。
大型の蛾が見られると満足度大幅アップである。



11161052_kuwak
この日はヤマグワに クワコ が多く見られた。

11161057_kawak
幼虫のイメージが強いため、思ったより小さく感じられる。
交尾態も見られた。


11161129_siroyome
林の片隅で シロヨメナ。



11161135_himekagiba
本日のハイライト、虫眼達人 森のきのこさん 発見の
ヒメカギバアオシャク。
ため息ものの、見事な擬態である。



11161252_kawas
この日は カワセミ が数カ所で見られ、
カメラマンさんを従えていた。



11161350_ohaoito
公園隅の小池で毎年、風車 と オオアオイト を見ると
幸福感が湧く。

11161352_ohaoito
この日は産卵する姿も見られた。
固そうな樹皮にも産卵するのだな。


ミナミカマバエ の撮影も楽しみのひとつ。
チャララ〜ン、必殺仕置人のテーマをイメージしてご覧ください。
11161402_kamab



11161421_gomad
生態園のお兄さんが エノキ の根元で
ゴマダラチョウ の幼虫を見つけてくれた。
以前は小池横のひこばえにも見られたが切られてしまった。



11161500_muratu-aoki
帰り道に アオキ でも ムラサキツバメ の集団を発見。
人間ども五月蝿いな、と言いたげである。


久しぶりに Ashさん、Nさん、生態園のお兄さん も
参加して楽しい気持ちの良い観察会だった。

メンバーの皆様、ありがとうございました。






今日は待ちに待った 寺家観察会 である。
日向は未だ暑いが、日陰に入れば心地よい涼しさがある。
そんななか、鳥好き・虫好き・花好きの精鋭たち7名が集まった。
昼食は「かつや」の割引券があるので、そちらで決まりである。
…花虫さんならこんな感じで始まるかな?


09281016_ohmizo
寺家の名物ともいえる、オオミゾソバが咲き出した。
濃いピンク色が鮮やかで美しい。

09281018_tadesaruzo
ミゾソバといえば、タデサルゾウムシ。
まだ数頭しか見つからなかった。
相変わらず小さくて良く写らないが可愛いコである。


09281019_jisobu
またこの時期はジイソブ(ツルニンジン)の花である。
いつものところで一輪だけ咲いていたが、ちょっと触れた瞬間に落ちてしまった。
他のメンバーは撮れず、ゴメンナサイ。


09281019_turibana
これは、ツリバナの実であろうか。


…今日は昆虫横丁から三輪ビジターセンター方面へ行ってみた。

09281112_hakka
久しぶりのハッカハムシ。探して見つけたためしがない。
あまり暑いのが好きではないようで、夏眠すると載っていた。
日が当たれば美しい光沢があるのだが、あいにくの日陰であった。


09281128_itimonjise
カルピス坊やのように美味しそうに蜜を吸うイチモンジセセリ。


09281144_uranami egg
ウラナミシジミが産卵していた。ヤブツルアズキのようである。
09281145_yabuturuazuki


柑橘系の小さなひこばえに
アゲハの幼虫が数匹、葉っぱが間に合うか心配だ。
09281300_agehababy
怒るで〜しかし〜。

09281303_kokama
腕に黒ラインのコカマキリは今季初。


尾根道の境界杭に黒い虫、ゴミムシ類かとよく見たら
コクワガタだった。
09281313_kokuwa
指、挟んだろか〜。

アカトンボはマユタテが多かった。以前のように乱舞する光景は見られない。
09281404_natuaka
この日最も赤かったで賞、ナツアカネ♂。

09281405_akiaka
日向のアキアカネはオベリスク。
まだ、暑いわ〜。早く涼しくならんかな〜。

09281405_himekuro+azami
ツリフネソウやアザミにホウジャクが来ていた。
遠くからチュ〜や。


09281510_nodaketubomi
スズメバチの好物、ノダケ。花はこんなふうに出てくる。
ニョキリや〜。



09281514_itimonji
お花畑でセセリチョウが求愛中。
たのむわ〜。

09281517_tubamesi
チョコンと足が可愛い、ツバメシジミ。


09281519_uraginsanagi
先日、卵があった付近にウラギンシジミの蛹があった。
スペードマークとともに、尾の方?に笑顔のような模様がある。



虫の出は少なめだったが、いつものように楽しい観察会であった。

参加メンバーの皆様、ありがとうございました。


Mさんの企画での臨時観察会、
今回のターゲットはヒメカマキリ。



09141023_kurokonoma
クロコノマの幼虫でしょうか、
お面を取って、ご対面の図、顔が3つ。


09141034_hanmyo
葉裏で休憩中のハンミョウ。


09141045_yamamayu
MKさんがヤママユガを発見、なかなか大きくて立派でした。
バッサバッサと重たそうに羽ばたいて行きました。


09141052_futasujimonkage
フタスジモンカゲロウ


09141137_neki
ネキトンボは枝先ではなく、平らな場所が好きなようです。
トンボ池ではいろいろなトンボが互いを牽制しあいながら飛んでいました。


09141158_akebi
まだまだ小さくて可愛い、アケビコノハ幼虫。


09141217_akaasi
ホトトギスにアカアシカスミカメ。


09141218_hosobanami
ホソバナミシャク


09141225_kamafuringa
木の葉柄の小さい蛾は、カマフリンガ。


09141337_miyama
水辺から少し離れた原っぱで、ミヤマアカネ。


09141346_chabanese
悪人顔の、チャバネセセリ幼虫。


09141351_hosiawa
大きなアワフキはホシアワフキでしょうか。


09141415_kamemusitake
これまたMKさん発見のカメムシタケ。


09141428_miyamakawa
OTZでは初めて見ました、ミヤマカワトンボ。



09141500_kuroito
細かな水草で見にくいですが、クロイトトンボがせっせと産卵。


09141508_aoito
粉をふいたアオイトトンボにも2年ぶりに遭遇。


09141519_himekama
本日のターゲット、ヒメカマキリ。
諦めかけたその時にOKPさんが発見、
一時落水もMKさんが救出してくれました。


帰りの駐車場に向かいながらも探索です。

どうなちゃっているんだろう?系のカレハガ。
09141607_karehaga



09141608_akebi
最後は大きなアケビコノハが見送ってくれました。


今回も参加メンバーの方たちのおかげで楽しい観察会となりました。
ありがとうございました!!



0811 iKT

観察仲間 森のきのこさんの呼びかけで
臨時観察会が開かれた。

森のきのこさんは地域の古民家を巡って、
セイボウ(青蜂)を観察している。

セイボウは古民家の古材に
巣をつくる蜂に、寄生する蜂である。
寄生される方の蜂をみつけて、辛抱強く観察していると
セイボウが現れるのである。
生態を知らないと、たまに偶然出会うキレイな蜂である。
今、セイボウが観察しやすいですよーと
ご親切にも声をかけてくださったのである。

観察場所の古民家園には初めて入ったが
日本各地の古民家が十数件点在し、なかなか見事であった。

十数件ある古民家のほとんどで
セイボウがみられたことに驚いた。

ただ撮影は難しい。

日向を飛ぶセイボウはキラリと光るので
比較的発見しやすいのであるが、
それが古民家の軒下に入って、とまったところを
撮るのであるが、小さく、速く、暗い。


08111216_midori
ミドリセイボウ
体長は10ミリほど
セイボウのなかでは大きめでまだ発見しやすい。

08111235_rurijiga
ミドリセイボウに寄生される方の、ルリジガバチ。
これではよく出ていないが、
ルリジガバチの体色もなかなかキレイである。

08111246_midori


…セイボウはあまりに写りが良くなかったので
再チャレンジである。


08111257_tobiiroringa
柱にトビイロリンガ。


08111259_bekkogaga
無欲の賜物、今回一番よく写っていた、ベッコウガガンボ。


園路のそばに樹液酒場があった。
サトキマダラヒカゲ、カナブン、カブトムシ、クワガタ
が集まっていた。
08111306_jyueki
こんなに近くで観察できるところもめずらしい。


暑さで集中力が切れるところ、
Mさんがアカハネナガウンカ、スケバハゴロモと
みつけてくれた。
08111346_akahane


08111411_sukebaha

今季まだ撮れていなかったタマムシ、
この日だけで4頭も遭遇した。
08111414_tamam



↑このページのトップヘ