こごみ散歩2

日々の散歩での自然観察など

カテゴリ: 日記


第二次緊急事態宣言後
運動のため近所の人の少ない公園へ
出かけてはいるのだが
虫も鳥も少なく撮れ高不足で
なかなかブログアップできない


0113   富士山

01131048_fuji
市民の森は富士山展望スポットなのだが
スッキリ見える時はなかなか少ない
やっと雪化粧したのだが
この日は雲がひとすじ引っかかり



0118   式守伊之助公園

昨年は ミソサザイ が割と近くまで出てきてくれたので
期待したのだが今回は姿を現してくれず


01171032_ruribi_m
ルリビタキ の声は数カ所で聞かれたが
忙しく移動するので 証拠写真が精一杯
01171125_ruribi_fm



フユシャクはお馴染みのナミスジフユナミ
ウスバ ウスモンばかり

01171205_fumei_fuyus_fm
やっと発見した ♀ は尾先の筆状毛がなく
羽もほぼ無く特定できず 体長6ミリ程度
01171205_fumei_fuyus_fm2



こちらの ♂ も特定できず 横幅25ミリ程度
01171207_fumei_fuyus_mb



刈られて見通しが良くなった葦原で
餌を探していた ジョウビタキ ♀
01171223_jyobi_fm
枝先と地面を行ったり来たり




この日は指が悴むほど寒かったが
フユシャク ♀ を探しに出かけてみた


01111021_fm
体長5ミリほどの小さめな ♀
このタイプのコは数頭見られた
付近にいた ♂ は ウスバフユシャク だったのでおそらくその ♀



01111043_namisuji
体長8ミリほどのやや大きめな♀
イチモジ…ではなく
ナミスジフユナミシャクか



01111045_usumon_pair
唯一発見の交尾態は ウスモンフユシャク か


…エメラルドグリーンの翅のコはこの日も見つからず…


この日の擬木は低調で
常連のコミミズク、ヒゲナガサシガメ、キイロテントウ
そして ケブカカスミカメ
01111205_kebukakasumi



これは別の日
柵の木の割れ目でじっとしていた オオミスジマルゾウムシ
01111210_omisujimaruz
もっと奥へ入ればよいのに
寒くて動けない様子だったので お顔拝見 は遠慮した



K氏とムラツ越冬集団を経過観察


12211030_muratu_etto
日が当ってきて体が温まっていたのか
そっと葉を持ち上げたのだが数頭飛び立ってしまった



12211036_muratu_miz
水場で吸水するものや


12211038_muratu_kaisi
笹の葉上や温まった石の上で日光浴するものも



ひとしきり撮影したあとこごみ班は撤収してしまったが
K氏は観察を続けていたようで

「シュロの塒に戻る時は上の葉に止まって歩き
隙間から不器用に落ちて帰った」

とあとで報告してくれた
なるほど本当の昆虫好きな方は
そういうところも観るのだなと感心した

K氏 Twitter はこちら:
https://twitter.com/2017_dragonfly


12211039_chabanefuyueda
神社の灯篭で チャバネフユエダシャクの ♂



12211043_fukiyose
池に溜まった紅葉…
<ふきよせ>というお菓子を連想してしまった




201218  都筑中央公園

ムラサキツバメ の 越冬集団 が何者かによって
散らされてしまったというので行ってみた
…数は少なくなったが元のところへ戻っていた


例年 ジョウビタキ や ルリビタキ が現れる 梅林
この日は見られなかったが
シジュウカラ や メジロ でにぎわっていた
12181430_umemejiro



この池の カワセミ は大抵姿を見せてくれる
12181453_kawas



クロオビフユナミシャク♀ を探したが
この日も見られず
仕方なく ♂ をアップで撮ってみたり
12181457_obifuyu_mface



201219  長池公園

6月以来の久しぶりの訪問

駐車場で ヤマガラ が出迎えてくれた
12191050_yamagara
コッコッコッと木の実を熱心に突ついていた



ぽっちゃりで尾羽くるくる
12191057_moz
可愛かった モズ の ♂


エノキの根元では何者かの探索の跡…
蝶の幼虫は持ち去られたもよう

「生物は撮るだけに…」という看板がむなしい

こごみさんがじっくり探してやっと一頭
12191121_ohmura
オオムラサキ の 幼虫 と思われる

誘惑 に負けて 顔 を撮らせてもらった
12191122_ohmura
お休みのところ申し訳ない と 落ち葉 を整えて
戻しておいたのは言うまでもない



以前 ルリビタキ が現れた 梅林 近くを散策していると
鳴き声が聞こえてきた
12191217_ruribi_fm
ルリビタキ ♀ タイプだった

12191218_ruribi_gama



201220  生田緑地

フユシャク♀ 探しである
駐車場からちょっと歩いたところで
クロオビフユナミシャク♀ を発見!
陽あたりを気にしてか柵の裏側にいた
12201108_obifuyu


12201109_obifuyu_fmface

これは幸先良いと思ったがこの後は何も発見できず


あきらめた帰りがけに
クロオビフユナミシャク ♀ をもう一頭と…
12201208_obifuyu



通称 ホルスタイン…
12201303_chabanefuyu
チャバネフユエダシャク ♀ を発見!

花虫大明神さま〜である



201215  北八朔公園

昼過ぎ散歩に出かけた公園では
ツグミ の集団が見られた
12151448_tugu

代わる代わる水浴びしたり 高い樹上で実を啄ばんだり…

12151459_tugu
20羽ぐらいはいたと思う
これから春の再集合までバラけて単独行動となる


201217  座間谷戸山公園

トモエガモ が数十羽来ていてカメラマンさんが多数
という情報
休日は駐車場が混むので平日に…

第一Pは案の定<満車>で第二Pもムリかと思ったが
…意外に空いていた

今日はトモエガモ の出が悪いらしくカメラマンさんも疎らだった

…遠くに数羽確認できた
12171159_tomoe

…日は照っていても寒い!
いよいよ冬らしくなってきた
屋外ベンチでのランチは厳しくなってきた

園内をぶらぶら散策すると
クロオビフユナミシャクに混じって
ウスバフユシャクも見られた
12171124_usubaf



12171156sawag
花虫さんを思い出す サワグルミ の葉痕


いつもムラサキシジミを見かける辺りで
ムラサキツバメ の越冬集団を発見
今年は全国的に多く見られるようだ
12171226_muratu



湿地では アオジ がすぐ近くで餌探ししていた
12171241_aoji
鳥撮りカメラマンさんたちにはもう相手にされていないようだ


駐車場に向かう帰り道
ルリビタキ ♂ が出てきてくれた
12171245_ruribi
今期初撮り!




↑このページのトップヘ