こごみ散歩2

日々の散歩での自然観察など

2020年09月



09221354_kimadarakam
黄色くなった サクラ の葉に キマダラカメムシ、すっかり秋色…0922



足元から新鮮な ヒカゲチョウ が飛び立ち、樹上へ…0922
09221356_hikage



クロコノマチョウ の幼虫がまだ見られた
これから 蛹〜羽化して 越冬するコ たちなのだろうか…0929
09291333_konoma



<アカトンボのなる木>がそろそろ出来始めてきた…0929
09291346_natuaka fm
ナツアカネ♀

09291347_natuaka m
ナツアカネ♂



日が陰り、風が吹いて涼しくなってきた
09291401_ichimonji
イチモンジセセリも

09291406_akiaka fm
アキアカネ♀ も静かになった



池端には小さ~い アジアイトトンボ が 一頭…0929
09291408_asiaito m



8月21日に産卵する ニイニイゼミ を撮っていた。
0821_niinii

その後どうなったか確認に行ってみると、
杭には幼虫らしきもの(2.5ミリほど)が数匹はりついていた。
09211007_niinii_1stbaby
アブラムシ?と思ったが帰宅後調べてみると
どうやら ニイニイゼミの1齢幼虫 のようだ。
この後、地面に降りて地中生活に入るようだ。



敬老の日、観察会先輩 Mtご夫妻にご一緒させていただいた。


09211048_suzumeuri
スズメウリの実が鈴なり。



09211107_himejya pair
ヒメジャノメのペア、交接部に緑色のものが見える。 



コカマキリをあまり見かけないねと話をしていたら、
09211126_kokama
この日は何頭も現れた。
その代わりハラビロの方は一頭も見られず。



 このところ毎回出演のツチイナゴ君。
09211332_tutcyface
今回は正面顔アップで。



09211334_kiayahimenomeiga
キアヤヒメノメイガ…食草は不明とあった。



09211416_turuninjin
ツルニンジン(爺ソブ)

09211416_turuninjin2
見上げる高さまで花が連なっているのを見るのは初めてだ。



09211436_akiaka
工事現場の簡易フェンスにアキアカネ♀



やたら昆虫に詳しい少年に捕らえられたリスアカネ。
09211448_risuaka
幸いすぐにリリースされていた。



アオイトトンボの交尾態乱舞には尚早のようだった。
池の畔や周辺の林縁で単独行動が見られた。

09211452_aoito fm
モグモグタイムのアオイト♀。


09211457_aoito
アオイト♂


09211458_aoito
アレチヌスビトハギによく留まるのであるが、
時折例のひっつきむしに捕まってしまった個体も見かける。


09211459_aoito pair
唯一見られたペア。



メインターゲットの カトリヤンマ は一頭見かけただけで
撮影には至らず、ヤンマと出会うには
もっと習性などを知る必要がある。


Thanks!  Mtご夫妻、おかげさまで楽しかったです!



平日は空いてはいるが駐車場が開いていない。
周辺のコインパーキングは職人さん達の車で満車が多いのだが、
ダメ元で出かけてみたら、一台分空いていた。



09141119_tuti
この時期の ツチイナゴ幼虫 の グリーン は美しい!



09141121_ruritate
例年見かける辺りの サルトリイバラ で ルリタテハ幼虫。



カナムグラ が多いのか?キタテハ が数多い一角で
指に停まってきた人懐こいコ。
09141127_kitate



キバナコスモスの一角は蝶達で賑わっていた。
09141128_himeaka
ヒメアカタテハ


09141135_kiageha
キアゲハ


09141135_namiage
ナミアゲハ


09141136_sukasiba
オオスカシバ



ネキトンボ のポイントには草刈りが入っていて、
09141212_neki
遠〜くに停まっていたが、今年も確認できてよかった。



常見谷戸入口では カラスアゲハ が吸水中。
09141245_karasuage



09141306_turibana
ツリバナの実、花は華奢だが結構立派な実をつける。



09141307_maekihimeshaku
よく見かける マエキヒメシャク?
意外ときれいに撮れない蛾である。



09141317_ojiroasinaga
このところあちこちで見かけるようになった オジロ君。
超普通種ではあるが、いないと寂しい種である。


観察会が中止続きで寂しいが、観察仲間個々の活動、
ブログが楽しみだ。


0909  KH

ハラビロカマキリ褐色型。
翅がレース模様できれいなのだがピンボケばかり…。
09090945_harabirobrown



ムラサキシジミが吸水中? ストローの動きが面白い。
09090955_murasi



風の通る涼しい場所に オニヤンマ が停まっていた。
近づくと飛んで逃げてしまったが、
帰り道に再び同じ場所に停まっていた。
09091005_oniyan


ツマグロヒョウモンがよく停まっている杭。
今日は新鮮な個体が停まっていた。
代が変わってもやはり気に入る場所であるようだ。
09091016_tumagurohyo



0910  HN

以前、教えていただいていた
アズマカモメヅルを見ておかなければ、と行ってみた。


旧木道で久しぶりに シギゾウムシ に出会った。
09100017_sigi
夏は動きが速い。



カワセミが池の上をギュンギュン高速で飛んでいた。
09101123_kawas



新鮮なクロコノマ、夏型 ♂ でしょうか。
09101144_kuroko7



アズマカモメヅル
09101150_azumakamome
白いコバノカモメヅルといったところ。



09101215_tutchy
ツチイナゴ幼虫、池の手すりのブルーとマッチ。



09101237_kuzu
久しぶりにお会いしたKmさんに
クズの花がたくさん咲いている場所を教えていただいたが
ウラギンシジミ幼虫 は発見できず。
あとで回ったKmさんは2頭見つけたそうだ。
まだまだ修行が足りないようで。



車道に落ちていた小枝に アオモンイトトンボ。
09101249_aomon
何もそんなところに停まらなくても…。
角度が気に入ったのか、しばらく停まっていた。



帰りの木道手すりには キマダラカメムシ幼虫 が
あちこちに。
09101251_kimadarakame
ヨツモンカメノコハムシ と キマダラカメムシ は
たくましくも、ウジャっといるようになってしまった。




日向には出たくない残暑の中、
目ぼしい収穫はなかったが
秋風は吹き始めている。


クロコノマチョウ
09021032_kuroko
この公園でも幼虫は多く見かけるが、無事成長できるのは
僅かなのだろう。



コシアキトンボ?いや、オオシオカラ♂の未成熟と思われる。 
09021037_kosiaki



久しぶりに見たトノサマバッタ
09030947_tono



田んぼの方はまだシオカラばかりだが、
09031033_mayut
周りではマユタテアカネが多くなってきた。



これも久しぶりに見たミツカドコオロギ
09051224_mitukado



気候変動が大きく、虫も少なく思われるが、
09051229_seseri
公園の花壇でもセセリチョウは元気だ。



草刈りされた湿地でアライグマが獲物を探していた。
09051230_arai
このところ気が荒い害獣と評判が悪いラスカル君であるが
獲物なく立ち去る姿は何処か哀愁を帯びていた。元はと言えば…。



車道沿いの植え込みにポツンと一頭、ムラサキシジミ。
09051313_murasi




↑このページのトップヘ