こごみ散歩2

日々の散歩での自然観察など

2020年04月


人が来ない近所の林縁を散歩。


04271043_chabanefuyueda
チャバネフユエダシャクの幼虫が多く見られた。
冬にホルスタインが見られると良いのだが。



04271103_uranamiakasi
ウラナミアカシジミの幼虫が柵の上に。



04271203_kurobositutu
クロボシツツハムシ



04281226_moor
鮮やかカラーで気分を明るくしてくれた
ムーアシロホシテントウ。



04281255_higenagahananomi
トラフコメツキ?と思ったら、
もうヒゲナガハナノミの季節なのである。



04281315_kurokonoma
姿を追って、地面にとまったクロコノマチョウ。
枯葉に同化して探すのに一苦労。



04281440_kikusui
キクスイカミキリ、我が家の庭で数頭発見。



04291132_rerofuchibisigi
小さかったので、レロフチビシギゾウムシの方と思われる。



04291215_nanafusi
ヒゲが長いので、モドキではないナナフシ幼虫。



04291249_kurohikage
フラフラと飛んでとまったクロヒカゲ。
翅がまだ乾いていない羽化したてか。



04291249_kurohirata
サル顔模様の幼虫は何だった?思い出すまで時間がかかる、
…クロヒラタヨコバイ。



04291255_akatate
昨年産卵を目撃したカラムシあたりでアカタテハ。



04291334_himeuranami
そのうち数が増えて撮らなくなる、
ヒメウラナミジャノメ。



04301302_junihitoe
ジュウニヒトエがあちこちに。



04301312_kinran+kutibuto
同じくあちこちに咲くキンランの上に
クチブトゾウムシ系。



普通種であまり面白くはないのですが、
この時期、皆さんの退屈しのぎになれば
とアップしました。



刈り取られた斜面にフデリンドウがポツポツ出ていました。(NZT)
CIMG6830フデリンドウ



擬木に産卵しちゃったナナホシテントウ。(NZT)
CIMG6842ナナホシテントウと卵



こちらはジュウクホシテントウでしょうか。(NZT)
CIMG6844十九ホシテントウ



毎年どちら?と迷う、ミツバツチグリの方かと思います。(NZT)
CIMG6846ミツバツチグリ



エゴツルクビオトシブミのヒゲ下げポーズはよく見かけますが、
瞑想タイム?(KHS)
P4160020エゴツルクビ♀



葉っぱの上にポツンと一点、チビタマムシ。(KHS)
P4160043チビタマムシ


大きな木ではなく、葉っぱの少ないひこばえの方で
よく見つかるアカボシゴマダラ幼虫。(KHS)
P4160051



暗いジメジメしたところの擬木、昨年はシギゾウムシがいて喜びました。
どうせ私は普通種ですよ感を出しているゾウムシ君。(KHS)
P4160053



葉っぱのグリーンの方が
きれいに撮れたリンゴコフキゾウムシ。(KHS)
P4160064リンゴコフキゾウ



ウワミズザクラの花はアップで見るとこんな感じです。(KHS)
P4160080ウワミズザクラ



クロムネアオハバチ、これもここで花虫さんに教わったコです。(KHS)
P4170053クロムネアオハバチ


めずらしくツマキチョウが停まってくれました。(NZT)
P6940022ツマキ♂



これも似た種が多い、アマドコロでしょうか。(NZT)
P6940026アマドコロ




人がほとんど来ない、郊外のトンボ池へ行ってみた。


日も時々差してくるので、しばし池端で待ってみた。


オレンジ色のアジアイトトンボ未成熟♀が現れた。

濃いオレンジ色は一年ぶりにみると、
これほど赤かった?と感じられる。

04171255_fm2
薄いオレンジ色のコと並びで。



04171256_fm face
ハンターの顔。



04171322_fm eat
体に比して大きめな獲物をGET。



04171323_fm2
こちらは濃いオレンジ色のコ、2頭並び。



04171324_fm



04171327_fm



04171337_fm
グリーンとオレンジ、色の対比が美しい。
ルソーのジャングルの絵を連想させる。



しばらくして、♂も現れた。
細く、小さい。
04171339_male


04171340_male face


04171343_male


最後はTGで寄ってみた。
04171354_fm up


久しぶりにトンボ撮影を楽しんだ。



天気も良いので、徒歩圏の公園へ出かけてみたが、
休日の公園のように結構な人出であった。

これでは<Social Distance>はギリな状態。

車でもう少し自然度の高いところ、
人が少ないところへ行った方が良いだろう。



04091031_ruritate-sakura
珍しく桜に吸蜜に来ているルリタテハに出会った。



04091040_itadori
春の虫といえば、イタドリハムシ。



04091305_ageha
アゲハが産卵に飛び回っていた。



04091313_himeurajyano
ヒメウラナミジャノメも出てきた。



04091330_momobuto
これも春の定番、ハルジオンにモモブトカミキリモドキ。



04091336_sioya
いつもの木道に今期初のシオヤトンボ。
もう少し気温が高ければ、数頭並んで日向ぼっこしているのだが。



ん?こちらを覗いているのは…、
04111112_hasuobieda


04111113_hasuobieda
ハスオビエダシャク♂。



04111140_yatubosiham
若葉にヤツボシハムシがかくれんぼ。



オトシブミを探していたのだが、この日は見られなかった。
04111159_tobituno
代わりにトビイロツノゼミがいてくれた。



04111221_tigoyuri
林縁日陰にチゴユリ。



いつもの原っぱでハナウドを探すと…、

04111223_himesiro
いたいた、ヒメシロコブゾウムシ。

一頭だけしか見つからなかったが、
これもうれしい毎春の出会い。
04111225_himesiro
まだ少し早かったようだが、花虫さんが出してくれたようだ。



0407  HN

家の仏花が寂しくなってきたので、
墓地に隣接しているため、
毎日仏花が買えるHNへ行ってみた。

長らく工事していた入り口からの木道が
リニューアルされた。
コスト削減のためか普通の柵になり、
趣がなくなってしまった。
手すりの上を歩く虫たちも
もう見られなくなってしまうだろう。


04071309_kunugikame
新しめの柵にクヌギカメムシ幼虫の兄弟。



04071311_himeaka
ヒメアカタテハが産卵しているようだった。
04071314_himeaka




04071347_seribahien
セリバヒエンソウ



04071352_ruritate
地面から水分補給?ルリタテハ。



04071408_komimi
成長したコミミズクに会えた。



04071415_tubamesi
ツバメシジミ


04071422_kobuhigesasumi
コブヒゲカスミカメも春に現れる虫だ。


04071427_tumaki
飛び回るツマキチョウがムスカリにとまってくれた。



04071436_new fence
新しい柵はこんな感じ。


04071438_hosihajiro
池にはホシハジロが一羽だけ、潜ってはエサを探していた。
羽でも痛めて帰れないのだろうか。


04071527_futanamitobihimeshaku
帰宅すると玄関横に
フタナミトビヒメシャクがいた。
昨年春の土屋の里観察会以来である。


緊急事態宣言で外出がはばかられるが、
人に会わない散歩には出かけようかと思う。


↑このページのトップヘ