こごみ散歩2

日々の散歩での自然観察など

2020年01月


0107_SYH

いろいろ来ているよと情報をいただき出かけてみました。


01071028_kanmurikai
カンムリカイツブリ_羽毛の関係なのかソフトな写りです。


01071038_miko_m+fm
通称パンダガモ、ミコアイサ_雌、雄。
飛翔シーンを撮る腕のないこごみ班は同じような絵ばかりになります。


くちばしが大きく、ユーモラスなハシビロガモはたくさん来ていました。
01071128_hasibiro_m
雄の羽ばたき


01071129_hasibiro_fm
こちらは雌、地味だが可愛い。


01071134_hasibiro_group
食料を探しながらクルクル回ります。
まるで舞踏会?


01071140_okayosi
ご休憩中の、オカヨシガモ_雄、雌。


01071158_ohban
集団で行動するオオバン。池に入ったり、陸に上がったり。


ベニマシコ方面も覗いてみましたが気配がなく、
寒さに弱いGさんなので、早々に退散です。


0112_早渕川

なんと、センター南のコーナン裏周辺の早渕川は
刈り込みされて丸刈り状態!
これでは鳥さんたちも隠れる場所がありません、がっかりです。


01121315_ban
仕方なくまだ刈り込みされていない方へ足を伸ばすと
くちばしがまだ赤くない幼バン?がいました。
おしりの白いラインが意外と可愛いのでした。


0113_iKT

まず、例年いろいろな鳥が来る大学の敷地内へ。


下の方をハクビシンが横切りました。
01131040_hakubi


ツグミが水たまりで水浴び。
01131056_tugu_mizu


カラ集団が通り過ぎ、その中にコゲラ。
01131057_kogera


他にはメジロ、アオジぐらいで寂しかった。

昼食後に木道を降りて行きました。
奥の方でルリビタキ♂が出て来てくれました。
01131210_ruribi
しばらく同じ枝に留まってモデルになってくれました。

01131215_ruribi

01131217_ruribi


手摺ではフユシャク探し。

01131335_namisujifuyunami
ナミスジフユナミシャク♀でしょうか。


01131336_simofuritogeeda
大きめなこのコは例のシモフリトゲエダシャク♀かな?


01131346_siroobifuyu
産卵後なのかお腹が小さく、毛も無くなった?
シロオビフユシャク♀でしょうか?

01131354_chabanefuyueda
出会うとうれしいチャバネフユエダシャク♀。



200106_HTN

Mtさんのブログにイチモジフユナミシャクが出ていたので、
我も我もと行ってみた。


01061140_hakumoku
ハクモクレンの蕾はこんな感じ。



01061224_yamagara
ヤマガラが得意げに何かを咥えていた。



01061235_chaakasaru
チャイロアカサルゾウムシが、おっとっと。



01061239_siroobifuyu_m
シロオビフユシャク♂

そのアップ
01061240_siroobifuyu_face




01061241_namisujifuyunami
ナミスジフユナミシャク♀

そのアップ
01061242_namisujifuyunami


手摺観察最後になってようやくグリーンの翅のコを見つけることができた。


イチモジフユナミシャク♀
01061245_itimoji_fm2

横から
01061248_itimoji_fm2side

周りの蜘蛛の糸を取ろうとして
落下させてしまった、ゴメンナサイ!
01061252_itimoji_fm2leaf
余計なことしないで〜


鳥撮りの常連さん達に丁寧に居場所を教えていただいて、
今期一番濃いブルーのルリビタキ♂が撮れた。感謝である。
01061351_ruribi


01061352_ruribi



200103_OYD


ここも毎年、ルリビタキの観察ポイントである。
天気が良く、富士山がスッキリ見えた。
01031113_fuji



01031121_sirohara
シロハラの今期初撮り、逆光。


ルリビタキ♀タイプを見かけたのだが、飛んで行ってしまった。

01031143_moz
どうやらモズが来て追い払ったようだ。


トンボ池の開けたところでカワセミ発見。
01031204_kawas


01031207_kawas
何度かダイブして、小魚を数匹捕っていた。


01031209_aosagi
気づくとヒョッコリ、アオサギがこちらを見ていた。


いつもの観察ポイントでジョウビタキ。
01031243_jyobi_fm
ここ数年はオスがいたが、今年はメスのようだ。
メジロといっしょに赤い実を食べていた。



200105_TGS

1月の観察会が中止になったので、いつもの花虫コースを辿ってみた。

恒例のトイレでフユシャク探し。
居ても一、二頭で寂しいかぎりである。

今が旬なのであろう、チャバネフユエダシャクが見られた。
01051244_chabanefuyueda

01051245_chabanefuyueda
大きさも柄も少し違うが
双方ともチャバネフユエダシャク♂のようだ。


いつもはP君が見つけてくれる柵では、クロスジフユエダシャク♀と
01051313_chabanefuyueda_fm


待望の、チャバネフユエダシャク♀が見られた。
01051326_chabanefuyueda_fm2




生態園の池ではカワセミ嬢が迎えてくれた。
01051339_kawas



葉痕を2種。
01051342_yhkon

01051343_yohkon



カモ類はカルガモしかいなかったが、混血種のマルガモが見られた。
01051406_marugamo

200101 _YSi

あけましておめでとうございます

01011157_yakusido
ことしの初参りはお薬師さまへ、穏やかな一年でありますように…。




目の前をツグミが横切りました。
落ち葉をひっくり返して食料さがし、
01011227_tugu


すぐ近くで別のゴソゴソ…今期初遭遇のシメもいました。
01011228_sime



こごみさんが目敏くムラサキツバメを見つけました。
01011238_muratu
近くに団体さんはいませんでした。



200102_式守伊之助?


お昼近くなって晴れてきました。

フユシャクでもいないものかと柵を見ながら降りて行くと
地鳴きが聞こえてきました。

01021243_ruribi
青くなりかけの若いルリビタキ♂でした。


01021248_ruribi



そしてこの日うれしかったのは、
今期初遭遇のミソサザイ。
01021252_miso


01021257_miso

すばやく飛び回るうえに、薄暗いので残念な写りでしたが、
目をパチクリパチクリ、とても可愛いコでした。
01021258_miso




↑このページのトップヘ