こごみ散歩2

日々の散歩での自然観察など

2019年02月

190224


月曜日はお天気が崩れそうかと思い 出かけてみることに!

イメージ 1


他の方のブログで観ていたミコアイサ
数年前から一度は観てみたいなあと思っていました
やや近場で逢えそう・・
日曜日の公園は駐車場は満車〜ぐるっと遠くへIN


遠くにハシビロガモ雌 
今季はカモを撮りに行かなかったので お初です
イメージ 2

ハシビロガモの雄は寝ていて立派な嘴を観れなかった
イメージ 3

他にはコガモくらいしか見当たらず・・
何となく嫌な予感です

近くにハクセキレイ
イメージ 4

モズ雄も近寄っても大丈夫でした
イメージ 5

ツグミが3羽くらい近間隔でいました
もう集合の時期ですか?
イメージ 6

人が多くランニングする方もたくさん!
日曜日に来たのは間違いだったかも?
お昼近かったので休憩してから また池を観に行くことにしました


CMさんがカメラを向けています〜もしや?
出てきました!ミコアイサ雄
イメージ 7

遠くに雌もいました
イメージ 8

潜っては出て また潜り・・どこに出てくるのやら?
イメージ 9

何度も繰り返していましたが大物はゲットしなかったようです

イメージ 10

こちらは別の雌かとおもいましたが雄若かもしれませんね?
イメージ 11

先ほどの雌に近寄りアピール?
イメージ 12

雌は羽を整えるのに夢中です(^^)
イメージ 13

左から雄 雌 雄若かな?
イメージ 14

ますます遠くに行ってしまったので撮影は終了です
イメージ 15

風がやや強く遠かったけれどミコアイサに逢えてよかった!
眠たい画像で残念ですが限界(^^;)



190222 OiK 

<梅がらみ>が撮りたくなって、大きな池の公園へ行ってみました。


イメージ 1
出迎えてくれたのはハクセキレイ。元気に地面を突いていました。


イメージ 2
昨年、カケスを見たあたりを探っていると、シメがとまりました。
コワモテのオジさん面ですが、これはニヤッとしたところ?

イメージ 3
これは通常モードのキリッっとコワイ顔。


イメージ 4
アオジが一瞬、枝にとまってくれました。


イメージ 5
梅は満開ではなく、日陰のところはまだこれから、という感じでした。

梅園にはルリビタキとジョウビタキが出ているよと、
カシラダカを撮っていたカメラマンさんが教えてくれました。
ここのカメラマンさんは挨拶をすると、いろいろ教えてくださる親切な方が多いです。

梅園を一回りしましたが、何もいないようです。

コンビニに立ち寄れなかったので、売店でランチタイムにしました。
焼きそばとホットドッグは、自分でレンジに入れて解凍するスタイル。
冷凍食品でもソコソコいける、時代なんですね。


梅園に戻ると、ジョビ男君が登場しました。
剪定された枝が五月蝿いですが、まぁ、梅がらみということで。

イメージ 6


イメージ 7
何だか機嫌良さそうなジョビ男君。


イメージ 8


イメージ 9




例年、ルリビタキが出る児童遊具付近に、カメラマンさん達のスタンバイはなく、
今年は出ていないのかな、としばらく待ってみたら、メスタイプのコが出てきました。
イメージ 10
やっぱり<青いコ>じゃないとダメなのかねぇ。
でも出て来てくれて、ありがとね。




190220 

舞岡と大地沢は行った方がいいよ〜、という花虫さんの言葉を思い出します。

ぽかぽか陽気。鳥も虫も戸惑っているのか、少なめでした。
しかし観察会メンバーの皆さんのおかげで、
今回も楽しい観察会。

いつもとは違うコースも教えていただきました。

イメージ 1
羽化直後のクサカゲロウの仲間でしょうか。


イメージ 2
ルリビタキの王子が出て来る場所で待っていると、登場したのはこっちのルリ君でした。
かろうじて1枚、開翅したところが写っていました。


イメージ 3
小谷戸の里でランチタイム。近くでウラギンシジミ♂が飛び始めました。


イメージ 4
花盛りの福寿草にアブたちもやってきました。


イメージ 5
もふもふのネコヤナギ。


イメージ 6
虫目達人のMkさん、今回もいろいろ見つけていただきました。
散策路脇の細いイボタにウラゴマダラシジミの卵!
こんなところに〜?ですが、指さしていただいてもすぐにはわからない大きさです。

イメージ 7
手摺の上では比較的発見しやすいコミミズクですが、枝で擬態しているコは難しいです。


イメージ 8
Pさんによると、ユアサハナゾウムシだそう。
口吻の長いコに会えると、うれしいですね。


イメージ 9
昨年も教わったのに、すっかり名前を忘れていた、ハイイロフユハマキ。


イメージ 10
クサギカメムシもこの陽気に這い出してきたようです。


イメージ 11
宮田池では、カワセミ嬢がご休憩中。


イメージ 12
ハンノキにミドリシジミの卵も発見。


イメージ 13
イラガの繭も。

他にも、アオスジアゲハ、ナミアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハの蛹を教えていただきましたが、
持ち去る人がいるようなので、画像は未公開!です。

お目当てのヤマシギ、タテジマカミキリ等は残念ながら今回は出会えず。

探蝶団のTd様、Kb様、Gt様、ありがとうございました。
わざわざお菓子を届けてくださったTg様、ありがとうございました。

そして、入院リハビリ中のHIDEKOさん、
早く良くなって、一緒に<スミナガシ>を観ましょうね!!
楽しみに待っています。


0207 iKT 

この日はいつもの門が閉まっていて、
大学構内をぐるっと回って入らせてもらいました。

坂を下って行くときには、さえずりが多く聞かれたのですが、
人間が来たぞ〜と、奥の方へ逃げて行ってしまった感じです。

イメージ 1
アトリ

イメージ 2
枝被りアオゲラ

イメージ 3
帰りに坂を登っていると、シメが近くに留ってくれました。
シメって想ったよりも大きめです。

緑地の方へ戻って、手摺観察しながら木道を降りて行きます。
この日は低調で、クロジもルリビタキも声だけ…でした。

イメージ 4
お腹がペシャンコになった、フユシャク♀。ご苦労さま。

イメージ 5
久々に見る、口吻の長いコ。チャイロアカサルゾウムシ、下界を見下ろす。
♪〜 I'm on the top of the world lookin' down on creation 〜♪

トイレの壁にいたフユシャクたち。名前間違っていたら、ごめんなさい。

イメージ 6
ヒロバフユエダシャク。

イメージ 7
シロフフユエダシャク。

イメージ 8
シモフリトゲエダシャク。


0208 SKM 

午後から行ってみましたが、鳥影少なく、寒々しく、
いつも並ぶカメラマンさんたちも帰った様。
でも、カワセミ嬢が登場してくれ、<ただのお散歩>は免れました。

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11
持ち去る人がいるようで、厳重に囲われた隙間から、福寿草。


190204


昨日の暖かさと今日の気温差は10度以上とのこと
春めいてくるのは良いのですが・・わたしは苦手な春の空気

昨日ですが鳥撮りに行ってみました
本命には会えなかったのですが クロジに出会いました(お初です)
どれも良い画像がなくてUPを躊躇しましたが記録です^^

ツグミ(何羽かいました)
イメージ 1

シメ(地面や枝混みの撮りにくいところばかりにいました)
イメージ 2

モズ(花絡み)
イメージ 3

コゲラ(ここで数分間コツコツしていました)
イメージ 4

アオジ(ここのコはフレンドリーです)
イメージ 5


すれ違ったCMさんから「クロジが出ているよ」と教えてもらいました
イメージ 6

3羽くらいいたようです
イメージ 7

枯れ葉が深くて潜ってばかりでした
イメージ 8

枝に乗った瞬間を撮れなかった自分にガッカリ!
絵にならない画像ばかりでショボボン〜

園内で1人のCMさんが「鳥を撮るとき」のことを教えてくれました
「なるほど」と勉強になったので 次に生かせたらと思います
ありがとうございました m(__)m


↑このページのトップヘ