こごみ散歩2

日々の散歩での自然観察など

2018年09月

0928 HYN/JK

9月の観察会は、天気のタイミングが合わず、中止になってしまいました。
台風接近の中、今日だけは天気が良いというので、出かけてみました。

イメージ 1
池の端のところで、アオモンイトトンボが数匹みられました。
なかなか良いところには停まってくれず、金網です。ちょっとコワイおばあさん顔?

イメージ 2
てっぺんトンボが目立ちはじめてきました、アキアカネ。

イメージ 3
杭の上で久しぶりのアトモンサビカミキリ。

イメージ 4
キバナコスモスにナミルリモンハナバチ、来てくれました。

イメージ 5
ミドリヒョウモンも。キバナコスモスは虫たちに人気です。

イメージ 6
今日も運良く、ウラギンシジミの幼虫を発見できました。

イメージ 7
オオミゾソバが花盛り。よく観ると鮮やかで透明感があり、可愛い花です。

イメージ 8
そして、ミゾソバといえば、タデサルゾウムシ!でしょう。
根気よく探せば見つかりますが、小さいです。

イメージ 9

イメージ 10
口吻になかなかピントが来ませんね。


イメージ 11
小さなゴイシシジミが飛び回っていて、やっと停まってくれました。

イメージ 12
キボシカミキリ。
てっぺんに行きたがるカミキリは<菌>に侵されている可能性がある、と聞いたことがあります。

イメージ 13
ナツアカネと思います。

今年のJKでは気候の影響でしょうか、アカトンボも他の虫もとても少ない気がします。
例年ならば、田んぼの上を群舞するナツアカネも見られません。
アカトンボ観察会、とはなりませんでしたね。

0924

連休最終日、そろそろかぁ〜と、出かけてみました。
案の定、アオイトトンボは林から池の方へ移動していました。
途中の原っぱで、まだうろうろしているコもいましたけど。

イメージ 1
アオイトとアミガサハゴロモ。この下でカマキリが狙っていました。

イメージ 2
青い目は、やはり美しい!

イメージ 3
シンメトリィ。

イメージ 4

イメージ 5
ここでは、自然度の高いところのようにワサワサとはいきませんが、
細くも命をつなげています。

イメージ 6
オニヤンマを追い払う、勇敢な場面も目撃しました。

イメージ 7
アレチヌスビトハギとアオイト。おかげで足元はヒッツキだらけになりました。

イメージ 8
10月になると本番を迎え、アカトンボたちやカトリヤンマも来るので、また行ってみようと思います。


…その他の虫たちなど。

イメージ 10
葉っぱのうらで、枯れた葉っぱのような蛾を発見!羽が透けています、スカシカギバ。

イメージ 9
下からみると、こんな感じ。

イメージ 11
杭の上に、久しぶりのカタジロゴマフカミキリ。

イメージ 16
熟していないワルナスビの実、ミニチュアスイカのようでカワイイです。

イメージ 15
ゴンズイの実の赤が、鮮やかでした。

イメージ 12
メスグロヒョウモン♂は、アザミがお気に入り。

イメージ 13
数は少ないながら、リスアカネ。連結体も。

イメージ 14
遠くの方で、水浴びとお手入れをする、カワセミもみられました。

0918 HYN

前回、載せられなかったものです。

イメージ 1
クリーム色のベストを着たような、おしゃれバッタさん、ハラヒシバッタと思います。

イメージ 2
クヌギの実をチューチューする、チャバネアオカメムシ。美味しいの?


0923 KYT

2度にわたる草刈りで実行できずにいた、ミヤマアカネの撮影。
3度めの正直!と決行しました。

イメージ 3
ことはつのミヤマ君は、木道の上でした。エラく敏感なコで、そこ、と指差すだけで逃げます。

イメージ 4
ハグロトンボは今年はエラく少ないのですが、
ミヤマアカネも数は少ないようですが、居てくれました。

イメージ 5
相も変わらず、飛んでるところは撮れない!ので、ひとやすみのところを。

イメージ 6
なわばり死守。

イメージ 7
…来年も会えることを祈るばかり。


イメージ 8
初春はビロードツリアブ、初秋はクロバネツリアブでしょう!

イメージ 9
♪〜緑の中でやたら映えてるバッタがおるねん〜。ヒナバッタの赤化型と思います。


連休中、天気が良いのは23日だけ!ということで、車も人も出が多いように感じました。

…帰りに、ネキトンボの情報があった KHS によってみました。
上空をウスバキトンボが舞っていましたが、ネキには会えず!
イメージ 10
ウスバキトンボ。

イメージ 11
アキアカネ。

イメージ 12
ナツアカネ。

イメージ 13
最後にキバナコスモスに来た、オオスカシバを撮りました。





180918-HYN


雨上がりの散策でした

ちょっと気になる虫を確認しに行きました

イメージ 14


ツチイナゴさんは ここで雨をしのいでいたんだね?
イメージ 1


虫さんの無事が確認できたので 手摺をみながら帰ります

ミドリグンバイウンカがいました
イメージ 2

おお〜これは!!
どこへ行けば逢えるのか?とずっと思っていた
イメージ 3

「Ashさんみたいに大きく撮りたいのぉ」と言い続けていた
ミミズク成虫がいました〜大きく撮れました!(^^♪
イメージ 4




180919-JK


この時期に見つけたい!
葛の花の良い香りの中をジロジロします

オジロアシナガゾウムシ(この姿は見た事なかったかも?)
イメージ 5

葛の花を ひとつひとつ探しながら進みます

それにしても赤とんぼがいない・・
小道に入ったら やっとマユタテアカネがいました
イメージ 6

こちらは ナツアカネでしょうか?
イメージ 7

オオアオイトトンボは数頭いました
イメージ 8

葛の花は あきらめての帰り道・・大きくなったササキリ
イメージ 9

時期が過ぎて残っていた ジイソブ
イメージ 10


イメージ 11


そう簡単に見つかるものではないと あきらめて
駐車場近くまで歩いたところで・・

わぁ〜〜いた!!
観たかったのは ウラギンシジミの幼虫です
イメージ 12

20160917に初めて観たのですが
ぜひもう一度 観たかった!
イメージ 13

昨日も今日も探していた子にあえてよかった!
やったね♪

0916…OYD

イメージ 1
枝先にとまるアカトンボがふえてくると、秋を感じますね。

何となく目にする光景も寂しく思えてきます。
イメージ 2
どこにもたくさんいる、クロウリハムシも黄昏れているよう。

イメージ 3
オジロアシナガゾウムシも。

イメージ 8
アカボシゴマダラも。

イメージ 4
オンブバッタも、どこか寂しげ。

イメージ 5
十月桜でしょうか。

イメージ 6
しかし生命の営みはたくましくも続いています。

イメージ 7
稲穂の上で、ナツアカネが卵を飛ばしていました。

イメージ 9
オニヤンマも懸命に打水。

イメージ 10
ジャコウアゲハもウマノスズクサに。昨年は花虫さんと見ましたね。

イメージ 11
帰りに確かめてみたら、ありました。

イメージ 12
そしていつものひさしに蛹がありました。ことしもたくさん着きますように。


↑このページのトップヘ