こごみ散歩2

日々の散歩での自然観察など


ひと月ぶりに休日でもあまり人が来ない公園のトンボ池へ


よく調べもせず
オオアオイトトンボ の交尾態でもと思っていたが
帰宅後確認したら産卵は夕方樹上とあった
昨年泉の森で見たではないか!
学習力 記憶力の低下を思い知った次第

10251014_ohaoito
オオアオイト♂


10251018_ohaoito
産卵中?と思ったら  オオアオイト♂  の体操であった


オオアオイト はほぼ  ♂ であった
10251028_ohaoito


10251030_ohaoito



オオアオイト のつもりで撮っていたら
眼が青く粉吹きの アオイト であった
10251107_aoito


10251110_aoito


10251129_aoito


10251130_aoito

アオイトの ♀ は見られなかった


気温が上がってきたら リスアカネ が
ポツポツ見られた
10251136_risuaka

原っぱの方へも行ってみたが
アカネは少なかった


最後はなぜか地面をチョコマカしていた
クロヒカゲ
10251151_kurohikage
    




3年前に越冬前のホソミイトトンボに遭遇した公園
その後は出会えていなかった

世の中3年も続けて毎月ホソミイトを
撮っている方がいるのだから驚く


この公園は最近はナラ枯れの被害で有名だ
ナラ枯れ治療中の木では樹液が多く出るらしく
樹液酒場として賑わっていた
10221142_jyueki
スズメバチに追われながら、ルリタテハ、アカタテハ、クロコノマ、
ヒカゲチョウ等多数

10221151_ruritate



ホソミイトのいる水場でよく見られるムラサキツバメ
10221202_muratu
そろそろ越冬態勢か



今回もダメかと思ったときにフッとホソミイトが現れた
10221203_hosomi
越冬色のブラウンメタリックが美しい

10221205_hosomi


10221206_hosomi
♂2頭だけだったが3年振りの出会いに感謝
さて冬場は何処で過ごすのだろう?



10221302_murasi
ムラサキシジミもやや開翅



木道にジッとしていたアオオサムシ
10221304_aoosa
踏まれるといけないので地面に誘導



公園花壇の園芸種にウラナミシジミがよく来ているのだが
今回は見られず
代わりに見かけないカメムシ数頭
10221322_siroherikutibuto
帰宅後調べるとシロヘリクチブトカメムシ

10221323_siroherikutibuto
南方系のカメムシで関東に進出中とのこと
割と敏感ですぐ隠れる
やがてキマダラくんのように増えるのだろうか


ミヤマアカネも期待したのだがアカネ自体がとても少なく
冬鳥もまだ見られなかった




201020  ミヤマアカネの谷

時期的に遅くなってしまったが
まだいるだろうかと訪ねてみた

10201301_aki
秋空に アキアカネ、爽やかな風景



ミヤマアカネ は辛うじて ♂ 2頭が見られた
10201303_miyama
ハグロトンボ は昨年から見ていない



10201314_akabosi
アカボシゴマダラ もそろそろ越冬の準備か



201021  ヒメアカネの谷戸

昨年11月上旬に ヒメアカネ が見られた谷戸を
訪ねてみた

田んぼでは稲刈り体験ツアー
片隅のミゾソバにふと目をやると
タデサルゾウムシ
10211021_tadesaru



10211041_natu
日向ぼっこの ナツアカネ ♀



10211126_natu
こちらも ナツアカネ ♀
ナツアカネ ♀ の胴は太い
ことしの アカネ は体が小さい気がする



10211137_mayuB
羽黒系でいたのは マユタテアカネの ♀



お目当の ヒメアカネ はなかなか見つからず
昼食後の諦めかけたときにようやく発見

10211219_hime
他のアカネとは違い日陰を好むようだ
♀ だけだったが数頭目撃


10211213_hime


10211221_hime
尾端に土が着いていることから
産卵は終わったのかもしれない



10211244_ohaoito
オオアオイトトンボ は数多く見られた
ミゾソバピンクをバックに



10211259_kitate
谷戸の出口付近で
野菜売りのおばあさんと
キタテハ に遭遇


↑このページのトップヘ